モバイルバッテリーレンタルサービス「充レン」

NEWS

2019.07.01

アーバンドック ららぽーと豊洲に新規設置、エリア拡大へ!

 2019年7月1日より、アーバンドック ららぽーと豊洲にモバイルバッテリー・レンタルサービス「充レン」のレンタルスタンドを設置し、東京都内の充電ニーズ対応をさらに拡大いたします。

 アーバンドック ららぽーと豊洲は数多くのお客様が様々な目的で来館される大型のショッピングモールです。2018年に築地市場が豊洲に移転されたことで、江東区全体での国内外の観光客数が増加しており、2019年現在、江東区の訪日外国人の数は23区内でトップ5(※1)に入る数字となっております。また、江東区の人口は約51万人(※2)を突破し、今後も増加していくと予想されています。それにより、益々アーバンドック ららぽーと豊洲の来客数も増えております。その中では、買い物中にスマートフォンに登録していた買い物のリストを見る時や、お子様や愛犬などとのテラスでの思い出をスマホのカメラで撮る時に充電が切れて困るお客様が多くいると想定されます。そういったまさかの時に「充レン」は役立つサービスです。

■充レンとは
 充レンは、スマホのモバイルバッテリー・レンタルサービスです。一台300円(税別)で、レンタル当日から翌日まで、24時間利用可能となります。充電完了後は、充レンのレンタルスタンドであればどこでも返却可能となっており、突然の充電切れや、長時間の外出で便利なサービスとなっております。「充レン」はあらゆるタイプの接続端子をご用意しており、お客様の様々な端末にご対応できます。

 今後も、当社はお客さまのモバイルバッテリーの利用ニーズや、利便性の検証を進めながら、様々な企業や地方自治体と連携することで、「モバイルバッテリーが“どこでも借りられて、どこでも返せる”社会の実現」を目指してまいります。


※1: 東京福祉保健局平成29年度第1回外国人患者への医療提供体制に関する検討会会議資料(平成29年5月30日開催)資料4-1より抜粋
※2: 江東区区民部区民課 「住民基本台帳」平成30年12月1日より抜粋

ニュース一覧に戻る

PAGE TOP